関東発!青春18きっぷ・お得切符で行くおすすめハイキングコース

「青春18きっぷ」で鉄道遺産アプトの道(碓氷峠)

Twitter Facebook はてブ Pocket LINE
アプトの道 めがね橋

電車でのアクセス

JR高崎線高崎駅で乗り換え、JR信越本線で横川駅下車、徒歩2分

時刻表

行き


帰り


青春18きっぷで電車の運賃を節約!

例:上野駅~横川駅間の運賃

※2019年10月現在

残念ながら、私が実際に行った日は「青春18きっぷ」が使えない時期で平日でしたので、運賃を節約できていません。


【注意事項】

電車の本数が少ないので、お出かけ前には必ず、ご自身で時刻表やハイキング情報などをご確認ください。

広告


「アプトの道」とは?

「アプトの道」とは、群馬県安中市に位置している観光地です。かつて碓氷峠を通っていた旧碓氷線という鉄道路線の一部です。1893年(明治26年)に開通し、1997年(平成9年)に廃線となりました。
「アプトの道」には、国の重要文化財である旧丸山変電所や「めがね橋」などがあります。

参考ルート

安中市「碓氷峠路探訪(アプトの道)」 ※外部サイトに飛びます。


アプトの道のルート

5月1日に「アプトの道」に訪れた時点について書いていきます。

「アプトの道」は、『碓氷峠鉄道文化むら』から熊ノ平まで行きが約2時間、帰りが1時間半、合計で約3時間半かかります。


起点から約25分歩くと、旧丸山変電所が見えてきます。

丸山変電所

さらに歩くと、今度はトンネルが見えてきます。ここから10のトンネルをくぐっていきます。
下の画像は第3号トンネル前です。

アプトの道 第3号トンネル前

第5号トンネルをくぐり抜けると、大きなめがね橋が見えてきます。

アプトの道 めがね橋

レンガで作られた「めがね橋」はとても大きく、第5号トンネル出入り口の傍から眺めると、すごい迫力があります。

アプトの道 めがね橋

その後、残り5つのトンネルを通ると、熊ノ平に到着します。

復路は、熊ノ平から同じルートで戻り、横川駅で終点となります。


おまけ:日本最古の駅弁『峠の釜めし』

また、横川駅では、日本最古の駅弁として知られる『峠の釜めし』が販売されています。

峠の釜めし

まるで、本物の釜で作ったような、あっさりとした美味しさが広がります。

峠の釜めし

トップページに戻る