関東発!青春18きっぷ・お得切符で行くおすすめハイキングコース

「青春18きっぷ」でさった峠

Twitter Facebook はてブ Pocket LINE
『東海道五十三次』の舞台となった「さった峠」

電車でのアクセス

JR東海道本線興津駅より。帰りは由比駅へ


青春18きっぷで電車の運賃を節約!

例:東京駅~興津駅間の運賃

出発地から小田原まで往復2,720円以上の運賃がかかる方:「青春18きっぷ」が使えない時期の土日は「休日お出かけパス」「のんびりホリデーSuicaパス」利用にてお得になります。

※2019年10月現在


【注意事項】

お出かけ前には必ず、ご自身で時刻表やハイキング情報などをご確認ください。

広告


さった峠とは?

「さった峠」とは、静岡県静岡市に位置する峠です。
歌川広重の浮世絵『東海道五十三次』の一場面である「由比・さった嶺」が描かれた舞台として有名です。

参考ルート

静岡市「さった峠ハイキングコースマップ」 ※外部サイトに飛びます。


さった峠のルート

2019年3月8日に「さった峠」に行ったことについて書いていきます。

興津駅を降り、市街地を経由して国道1号線の「興津駅前交差点」で左に曲がります。

しばらく歩いて、突き当りの車道に来たら右に曲がり、さらに次の角で左へ曲がります。

休憩所近くにある「峠登り口」から、さった峠へ向かいます。

さらに歩くと、駿河湾と富士山が出てきます。

さった峠遊歩道にて。

遊歩道を少し歩くと、さった峠に到着です。

さった峠

駿河湾に富士山がドーンと現れる姿は圧倒的で、まるで広重が描いた浮世絵のようです。

さった峠

なお、帰りは車道に降りた後「一里塚跡」を経由して由比駅方面へ向かいます。


トップページに戻る